困った時に助けてくれる人

 困った時に助けてくれる人が、ネットにいるって分かっちゃった時、私の心は動き出してしまったのです。
20歳の女子大生なのですが、お小遣いには毎回困ってしまっていました。
もっと華やかに着飾りたい。
友達たちと、いっぱい遊びに出かけたい。
でも、お金ないんですよね。
女子大生がアルバイトをやって得られるお金は、超少ない。
その癖、仕事は半端じゃなく忙しいのに。
だからこそ、困った時に助けてくれる人がいるって分かっちゃった時、私もサポートしてもらおうかな?って気持ちになってしまったんです。
困った時に助けてくれる人の、最大のメリットってなにか?
性行為しなくてもいいんです。
一般的な考えだと、援助交際みたいにエッチな関係を作る。
でも、困った時に助けてくれる人は、それを求めない。
その代わり差し出すものは、時間。
食事という時間だけ。
もちろん、この食事も相手のご馳走。
富裕層だと高級レストランなんて聞いちゃって、心が強烈に動揺を始めてしまったんです。
シングルマザーのパパ活でも月15万円超え

 困った時に助けてくれる人探しの場所として、多くの口コミサイトなどで推薦されていたのが、大手の出会い系でした。
それならと、すぐに登録をしました。
口コミサイトなどで、金銭の書き込みができないことも分かっていたため、別の言いまわしで投稿。
これやっていけば、富裕層とランデブーが出来るかもしれないと考えるだけでも、とてもハッピーな気分になってしまったのでした。

 1カ月ほど経過して、正式な契約をしてくれるという男性から連絡がやってきました。
面接から食事のデート。
2回ほど食事デートをしたら、正式に都度2万で契約したいと言ってもらえたのです。
この人は本当に富裕層らしくて、信じられない高級レストランへ連れて行ってくれるのです。
女ってこういう部分も凄く大切に感じたりして。
ネットで、魅力いっぱいの関係を作れちゃって、大学生活がさらに楽しくなっていきました。
謝礼交際
困った時に助けてくれる人

待ち合わせ痴漢

どうしよう。私は友達の彼氏が痴漢しているところを見てしまいました。しかも、待ち合わせ痴漢をしているのか、同じ人に数日後もやっていました。しかし、その女性は嫌がっている感じでもなく同じ駅に降りて2人で話している姿を見かけました。その彼は私がいつもその電車を利用していることを知りませんが、それで待ち合わせ痴漢をしていることが分かりました。そのことを友達には言えませんでした。よく彼氏の自慢話をしているから。なので、私の胸の奥にしまっておきました。
ある日、また彼が痴漢行為をしている姿を見かけたので私は我慢が出来ずに彼がその女性と降りる時に私は話しかけました。「浮気しているの。
満員電車に乗り込んで合法的に痴漢プレイをする事に成功
ユメはこの行為を知っているの。」とぼけようとしても私は前から痴漢行為を見ていたことを言うと彼は女性とはネットで知り合って痴漢行為を楽しんでいたと言いました。女性はその場からすぐ去ってしまいましたが、私はもうこの行為をやめなよと話している時に友達が私の前に立っていました。話を聞かれたと思いました。私はすぐに友達に「大丈夫。」と話しかけましたが、友達は頷き彼に一発頬を叩いて電車に私と一緒に乗りその場を去りました。
後日、友達は彼氏を許したと言いました。「痴漢行為をしたのはそういう趣味を彼女である夢にユメに話せなかった。話たら嫌われると思った。」と、言われたみたいですが私なら別れます。それだけ友達は彼氏依存しているんだと思いました。
そして、その後は何事もなかったかのように私に彼氏の自慢話をする友達。痴漢好きな変態男の彼女と思う私は友達にもドン引きです。
イメージプレイ
変態プレイ

無償支援掲示板

ポケベルが~鳴らなくて~という歌が懐かしい世代なんですよ。もう30年前の歌ですか。そりゃポケベルが携帯になって、スマホに進化するわけですね。
ドラマも見てたなア。主役の女の子がかわいくてね、当時は僕もまだ学生でしたけど、彼女に恋される〇形拳みたいになりたいと思いましたよ。まあ、実際に30年経ったら、〇形拳じゃなくて〇村けんみたいになっちゃいましたけど(主に頭髪が)。
当然ですが、ポケベルの頃は無償支援掲示板なんてありませんでした。ま、それ以前にインターネットという概念自体がありませんでしたからね。無償支援掲示板の代りになったのはテレクラですかね。あれね、僕も若い頃、素人娘と効率よくやれるにはどうしたらいいだろう、と考えた末にテレクラを主戦場に選択したんです。小屋に入って女性からの電話をずーっと待っているんです。電話が鳴ったら受話器の取り合いですね。ある意味、早いもの勝ちの世界でした。結局、僕はまるで成果が出せずにテレクラからは引退しましたけどね。
お金をすぐに稼ぐ方法
「当時はテレクラがATMみたいなもんだったよ」と、僕の奥さんは言ってました。ああ、別にテレクラが縁で結婚したわけじゃないですよ。まあ、僕も奥さんも結構ぶっちゃけてるので、隠し事がないんです。で、奥さんはテレクラをよく利用してたそうなんですよ。お金に困ったらテレクラに電話して男を捉まえて支援してもらう、みたいなことを繰り返してたそうです。まさに無償支援掲示板ですね。僕も運が良ければ奥さんとテレクラでつながってたかもしれません。まあ、そうなったらなったで結婚までしていたかどうかはわかりませんが。
「利用している内に気づけばサクラみたいになってた」
その内にテレクラ業者から奥さんのポケベルに「04510」と連絡が来るようになったんだとか。04510=お仕事、ですね。小屋の客がいなかったり、逆にサクラに頼らずとも女の子からの電話がひっきりなしだったら、04510は来ません。今月ピンチなのにな~と思っていても、04510が来なければ電話してもおそらくは無駄。ポケベルが~鳴らなくて~と口ずさみながら、ポケベル傍らに連絡待ちしていたそうです。時代ですなア。
パトロンの意味
パトロンの意味